税理士について色々知っちゃおう♪

モダン税理士

税理士として起業する場合に行うべきこと

税理士として起業する場合に行うべきことは、どのようにして顧客を獲得するのかということです。例えば進出したいと考える地域のイベントに参加し、顧客へのアピールを行ったり、新聞における広告欄やチラシなどを活用してみたりなど、色々な方法を検討して実践することで、顧客に知っていただけるようになります。その際に大切なのは、顧客にどのような価値を提供できるのかです。ですからアピールする段階で、どのような依頼が得意なのかを知っていただくことについても、顧客を獲得する上で重要なポイントとなります。また起業する場合は、対象地域にどれくらいの税理士事務所が存在するのか調べることも必要です。人口の数に比べて事務所の数が多過ぎるのであれば、進出するのは得策ではありませんし、逆に事務所の数が少ないのであれば、成功する可能性が高まることになります。このように起業する場合は、顧客の獲得方法の立案と対象地域の税理士の数の把握をきちんと行うことが大切です。

税理士で起業する場合は二つのハードルがある

税理士という職業は、主に中小企業の顧問となって確定申告書作成や税務相談をすることが仕事で、独立開業に向いていると言われています。そのため、税理士で起業したいという希望を持っている人もいますが、独立開業するためには二つのハードルをクリアしなければいけません。一つは試験に合格すること、もう一つは実務経験を経て士業として登録することです。試験は10科目以上の中から5科目の合格が必要ですが、必須科目がありますので科目選択は慎重に行う必要があります。また、科目合格制度をとっていて1科目づつ合格を積み重ねていくことができるため、会社員から起業することも夢ではありません。実務経験については、会社員の業務によってはカウントされるものがありますが、一般的には会計事務所等に就職をして実務経験を2年以上積むことが必要です。試験合格と実務経験2年以上を満たすことによって、税理士の登録申請ができます。その審査に通れば、晴れて独立開業できます。

Valuable information



2020/8/26 更新

『税理士 起業』 最新ツイート

@ChikashiKakehi

少額資産の特例について解説してます! #グランサーズ #税理士法人 #税理士 #会計 #税務 #経理 #秘書 #オンライン秘書 #採用 #求人 #コワーキング #ベンチャー #スタートアップ #経営コンサルタント #経営者… https://t.co/CaQ2uQZLsL

6時間前 - 2020年09月21日


@ChikashiKakehi

特別償却について解説してます! #グランサーズ #税理士法人 #税理士 #会計 #税務 #経理 #秘書 #オンライン秘書 #採用 #求人 #コワーキング #ベンチャー #スタートアップ #経営コンサルタント #経営者 #起業… https://t.co/q4NMxgJYIP

6時間前 - 2020年09月21日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 モダン税理士 ALL RIGHT RESERVED