税理士について色々知っちゃおう♪

モダン税理士

税理士は税法の専門家

税理士は所得税、法人税、消費税等の税法の専門家で、主に企業の顧問になり、事業主に代わって確定申告書を作成したり、税務調査時に事業主本人に代理して税務処理の説明を行ったり、事業主からの税務に関わる質問や経営に関する質問に答えたりアドバイスすることが仕事です。また、ファイナンシャルプランナーや社会保険労務士資格等を取得して、個人向けの税務相談に乗る業務を行っている人もいます。この資格は、数ある資格の中でも比較的独立に向いていると言われています。税理士は国家資格であり、国家試験に合格し一定の実務経験を積むことによって登録が許されます。登録して初めて正式に名乗ることができるようになります。税理士法に規定された独占業務を持っており、この資格を持たない者は一定の税務に関する業務はできないことになっています。国家試験の仕組みは科目合格制であることが特徴です。11科目のうち5科目に合格することによってパスできます。但し必須科目が設定されており、簿記論と財務諸表論は必ず合格する必要があり、法人税と所得税は最低どちらかは合格することが要件になっています。科目合格をした場合は、その権利は一生消えませんので、社会人であっても時間をかけて合格を目指しやすい資格と言われています。

税理士とは税金の専門家

税理士とは税金の専門家であり、言い換えると税のお医者さんと言えるでしょう。主な業務としては納税者からの依頼を受けて、申告書の代理作成や税金に関する税務相談の業務を行っています。具体的には、納税者の代理として確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会いやそれらの書類作成を担うことで納税者の税の手続きのサポートを行っています。税法は非常に複雑で頻繁に改正されるため、税の知識が少ない一般の人にとっては非常に難しく、大変な作業です。しかし、法人税や所得税、贈与税や、相続税などは自主申告、自主納税が原則のため本来は納税者自身が計算して書類を作成して申告しなくてはなりません。しかし現実問題として税金の知識が低い一般の人には業務を進めていくとわからないことが多く発生してしまいます。そこで依頼を受けた税理士が納税者のお手伝いをして、申告納税の書類や手続きをしているのです。また申告、納税後の税務署とのやりとりにも関わるので、納税者としては申告後もサポートを受けることができます。また税に関する疑問や心配事、わからないことなどの相談にものってくれるので、税金のホームドクターとして非常に頼れる存在であるのです。


注目サイト











最終更新日:2019/12/19

『税理士』 最新ツイート

@chrichan

税理士から事務所で飲んでいるビール代はムリ宣告

4分前 - 2020年01月22日


@Midari0

個人的に将来 先生 っていう職業無くなる気がするんだよね。先生は簿記が得意だから税理士に向けての勉強始めてる。的な事言ってて笑った 何歳になっても学ぶ事は凄く大事。就職しても学び続けるんだよ ってめちゃいい事言うじゃん。担任より普通に好き。しかもカッコいい。(顔が)

5分前 - 2020年01月22日


@shunichisr

残念ながら、今夜は、2丁目出れへんの! だって!確定申告の準備し、明日、税理士に見せに行かなきゃいけないから。(泣)

6分前 - 2020年01月22日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 モダン税理士 ALL RIGHT RESERVED